スケート選手のプログラムの作り方

現役体験談
スポンサーリンク

こんにちはヅメです。

今回は、スケート選手のプログラムについての謎について解説してみましょう!

あくまでも僕の経験です。

皆選手が当てはまる訳ではないので、「こんな選手もいる」程度に捉えて頂けたら幸いです。

おおまかの順番はご存知の方が意外に多いのかもしれません。

解説する構成はこんな感じです。

いろんなパターンがあるので、数字に沿って一つずつ解説していきますね。

スポンサーリンク

曲の決め方

まだ幼い頃であればコーチが決めます。

僕の場合5級~(Jr直前)くらいから、

いくつか候補曲を持ってきて、選ぶ形でした。

 

Jrからはある程度コーチと対等に相談し合う形に変わりました。

こういう系統(キレイ系、ロック系、クール系、コミカル系、ジャズ系、タンゴ系、クラシック系)等

 

結構インスピレーションを伝えて、コーチが候補を3,4曲候補を探してくる感じです。

 

時には、コーチからこういう系も挑戦してみない?

みたいな提案も来ることもあります。

 

特に要望が無い選手がいる場合、コーチが選びます。

そして、そこからショート用ないしフリー用に編集します。

 

これもまた3つくらい候補をくれて選ぶパターンもあれば、

この編集でいこうって一発で決めることもあります。

まとめると

① 曲の要望を言う
② コーチが決めてくる
③ 振付師が決めてくる

みたいな流れです。

また、曲が決まった段階でその曲の舞台であったり、

映画を見て表現やイメージをインプットする選手もいます。

必ず全員はしてる訳ではありませんが、

上位選手はみんななにかしら自分の曲の勉強をしてるのかと思います。

振付はどうしてるの?進め方

基本的に振付師のマネをひたすらして覚える流れです。

 

そして、何度も繰り返し曲に合わせて、動きを身体に叩き込みます。。

途中でど忘れや前のプログラムの癖とかで間違った動きもして、やり直しすることも結構あります。

おそらく、トップ選手はもっと器用にやっていますが。笑

 

やりながら、どうしてもやりにくい箇所(苦手意識のあるジャンプの前など)が出てくると、相談も可能です。

進めながら、お互い話し合って、「やっぱりこうしよう!」って変更もしばしば。

 

そうして、二人三脚でプログラムを完成させていきます。

期間は個人差がありますが、2日~4日くらいかかる感覚です。

誰に頼むかのかも、大きく2パターンがあります。

パターン1:振付師兼コーチにお願いする(クラブに所属しているコーチ)

自分のクラブに振付もできるハイスペックなコーチがいる場合があります。

その場合は、そのままその人にお願いすることが多いです。

予定も合わせやすく、ほぼいつでも練習を見てるので、

微調整がいくらでも効くのが最大のメリットです。

パターン2:振付専門の人にお願いする

国内有名の振付師や海外の振付師が該当します。

選手のレベルがかなり高くなってくるとこのパターンが多い気がします。

 

曲を決めた段階で1か月程まえに編集した曲を送って、振付期間の予定を決めます。

ご想像通り高いです(笑)

僕は経験ないですが、選曲も編集も全部任せるパターンもあるかもです。。

新しいプログラム完成に向けて

上記を踏まえて、あとは、ひたすら練習。

ざっとプロセスを書いてきましが、

それでも

「どうしてあんな音に合わせられるの?」

って不思議ですよね。

 

僕の振付師の場合は、

スピンを一回見て、時間をストップウォッチで測る小技をしていました。

 

最後のポーズだったりスピンを挟んでも音にはまるようになってるのは、

こういった工夫が施されています。

 

あとはひたすら曲に合わせて練習して馴染ませていきます。

最初の方はステップで転けたり、ジャンプがなかなかはまらなかったりします。

 

ちなみに振付期間は慣れない頭を使いながら、動くのでめちゃくちゃ疲れます。笑

 

僕の場合、覚えがかなり悪い部類だったので、精神的な疲れもありました。

ただ、僕の振付師だった本郷先生はとても優しくて楽しく振付してくれました。(理華のママです笑)

 

バックドラフトの映画の曲で振付をした時にはお互い映画を知っていたので、

「ここはあそこの悲しいシーンを思い出して!」とかみたいな会話が楽しかった覚えがあります。

 

その結果慣れない頭を使いながら、

身体も動かすので、いつも以上にお腹が空く。笑

いつもの1.5倍は夜ご飯食べた記憶あります。

 

まとめ

選手みんな当たり前のように曲に合わせて自然に優雅に滑っていますが、

結構の手間がかかっていてます。

 

ジャンプやスピンだけでなくて、曲全体の構成とかを考えながら観戦すると

新しい発見があって面白いかもしれません。

 

また、好きな選手の曲の舞台や映画を改めて見るとさらに感情移入できるかもしれませんね!!

この記事を読んだ方は是非お試しあれ!!

タイトルとURLをコピーしました