プロフィール

スポンサーリンク

元フィギュアスケート選手が0から就職

15年間競技をして残ったもの~

スポンサーリンク

自己紹介

プロフィールを読みに来て頂きありがとうございます。

橋爪 峻也(はしづめ たかや)といいます。

アメリカと日本で育った帰国子女の元フィギュアスケーターです。

年齢: 26

出身: 名古屋

趣味: ゲーム、漫画、アニメ、読書、Twitter、グミ食べる、ハンバーガー・ピザ・タコスが大好き

経歴

フィギュアスケートに15年間打ち込んできました。全日本、インハイ、インカレ、国体と、国内の大きな大会は一通り出場経験があります。そこから、

商社マン/営業

TECH::EXPERT プログラミングを学ぶ

医療系ベンチャー/web系エンジニア

外資系商用者メーカー/webマーケッター

外資系IT企業/デジタルマーケティングスペシャリスト

 

 

サラリーマンしながら、

競技経験を生かす新しいデュエルキャリアを形成しています。

本業:外資系IT企業 / デジタルマーケティングスペシャリスト(主にコンテンツ企画)

副業:当ヅメブログ運営(月35PV)・フィギュアスケート解説系有料noteの販売(1700部以上販売)・スポーツイベントの出演と運営企画・一部スケート教室のサポート

ありがたいことにこのブログから発展して、幅広く携わらせて頂いております。

ブログ開設の目的

競技経験を生かす可能性を広げる」

最終的には、

デジタル技術と組み合わせて、フィギュアスケートや競技経験を生かせる新しい場所を作るのが目標です。

といってもたまに気分でスケオタとして、好きなことを投稿することもあります。笑

あと普通にアニメとゲームと2chネタのオタクのところもあるのでご了承下さい。

読者へのメッセージ

フィギュアスケートに興味ある人

メディアでは知り得ない、フィギュアスケートの情報を得て、

観戦をもっと楽しんでもらえたら幸いです。

フィギュアスケートを見るのもやるのももっと楽しんで下さいね。

 

競技経験者やスポーツ関係の人

自分みたいに社会で苦労しないために、

競技経験を自信が持てるための生かし方、

キャリア形成・集客ノウハウ

を好きなところを参考にしてもらえたら本望です。

 

元フィギュアスケーターの苦労

今は、充実したように見えますが、軌道に乗れたのはわりと最近です。

大学までアスリートだった自分が0から就活をして、

辛すぎて仕事帰りに一人で泣きながら帰ったこともあります。笑

スポーツしか知らない状態で就活

最初は少しフィギュアスケートに詳しい、ただの世間知らずな痛い新卒でした。

フィギュアスケートで全日本・国体・インハイ・インカレまで出場するくらい真剣に取り組んだ選手だったものの、社会では全く役に立たず、教養不足を痛感する毎日。

新卒で入った会社では、競技経験は、一切通用せず、何一つ評価されませんでした。

帰国子女ということもあり、外国かぶれで非常識で無能な人材扱いをされ、自尊心を踏みにじられる日々を送っていました。

フィギュアスケートで培ったそれなりの地位とそのギャップに耐えられず、こんな思いするくらいなら…

「競技なんてやらずに、勉強に専念すればよかった」

と学歴コンプレックスになり、自暴自棄になったこともありました。

(今思うと、自尊心を保つために何かのせいにしたくて必死で、どうしようもないですね。笑)

ブログを始めたきっかけに

上記で語った通り、

10年以上スケートを続けて実績を残しても、生かせる機会が少ない、社会で活かせないのが悔しかったです。

社会人になるのに、競技に専念した意味にずっと疑問を抱いてました。

特に自分は普通に就活をして、仮にフィギュアスケートで人並以上には実績を残したのに、

社会では手元に何も残らないどころか、苦労ばかり。

 

そんな私はプログラミングとデジタルマーケティングの職種に出会い、

転職で恵まれた会社と上司に出会えました。

 

そこで仕事をやっていくうちに、応用したら、

フィギュアスケートの経験を形のある財産として残せると確信。

 

15年間の知見と体験談、引退してからの思いを発信しようと、

出来上がったのがこのヅメブログです。

フィギュアスケートの経歴

きっかけは?

6歳の時にアメリカでクラスメイトの誕生日パーティーでスケートリンクを丸々貸し切った強者に招待されたのがきっかけです。

実績

Jr時代に全日本で8位になり、1年だけ強化選手だったことがあります。

インターハイ、インカレ、国体、全日本、一通り出場経験があります(出場だけです)

インターハイ(中京大中京代表)、インカレ(中京大学代表)、国体(愛知代表)は素晴らしいパートナーのおかげで団体優勝はちょくちょくしてたりします。

動画

 

その他(生い立ち等)

生い立ち

シンガポール生まれて、4歳~10歳までアメリカで育ちました。10歳からはずっと日本です。(現在26歳)

アメリカでは許されていたことが、日本では許されず人間関係が上手くいかないことが多い学生時代を過ごしました。

日本の「言わなくても察してくれ」っていう独特な空気は未だに苦手です。

また、海外の人なら仕方ないけど、海外育ちの日本人は許されない理不尽さを沢山体験しました。

そのため、感受性豊かな時期にアメリカにいたおかげで、バイリンガルを身に着けることができましたが、未だに日本の社会では生きずらさを感じることが多いです。

少々ネガティブな話をしましたが、今は外資でのびのびとした恵まれた環境で元気にしています。

そして、スケートが好きな気持ちと真正面に向き合えて、楽しく副業をしながらブログも運用できています!!

性格

昔から突発的な言動が多い、お調子者で、好奇心旺盛、落ち着きがない、大らか、能天気です。

あとは、無駄に自己主張が強くなる時もあります。(日本基準だと。笑)

楽しければ直感で動いてしまいます。

自由奔放な奴です。

オタク気質は部分もあります。

特に強い一面

日本特有の、

空気読み・厳しい上下関係・残業・根性論・細かいことばかり気にする・生産性を考えない、

いわゆる「THE昭和」価値観がどうしても受け入れることができず、、精神科に行く程に病んだ時期もありました。

とにかく今でも私の自尊心をクチャクチャにしたことについては許さない、ゼッタイ。

昔であれば、我慢して、終身雇用で出世して、それなりの給料が保証されましたが、それすら最近無くなってきています。

日本の考え方や価値観にずっと悩まされました。

日本の古い考え方が死ぬ程嫌いです。

実はこの経験がモチベーションで、努力できているので、感謝している面もありますが。

(いや、でもやっぱり許せない。笑)

見返してやるという思いで、プログラミングを勉強したのも事実。

その話は、また別にどこかで!

一応ちらっとだけ紹介

「日本の生産性を上げたい」元フィギュアスケーターが語るエンジニア転職に込めた決意 | テックキャンプ ブログ
元フィギュアスケーターの橋爪峻也さんは、全日本選手権への出場経験やインターハイ優勝など輝かしい実績を持つ男性です。 しかし、フィギュアスケーターが現役で居続けられる時間は長くありません。24歳になった橋爪さんが、新たなキャリアとして選んだ仕事はITエンジニアでした。 エンジニアになることを決めた時には、何一つとしてIT
タイトルとURLをコピーしました